ちょんの間がアトリエになるまで(下)


10月1日より黄金町バザールが始まりました。僕らの改修したアトリエもバザール期間中は空間展示として公開されています。改修工事は9月2週目から実質3週間のスピード工事で、旧劇場のメンバーである大工の劉くんに協力してもらいながら進めてきました。

裏通りを照らすスタジオ作り

僕らが設計したアトリエは黄金町駅からすぐの所にあります。かつてのちょんの間の面影を残した建物が並ぶ高架脇の一角にある、間口一間3階建ての建物です。もともと大岡川側と高架側に背中合わせに8ずつ、計16件のお店が入っていた建物の一部で、大岡川側は昔のカウンター形式を残したままバー営業をしている店や、すでに改修されたレジデンスが軒を連ねて賑わっています。反対に高架側はあまり人気のない「裏通り」になっています。

SONY DSC

建物の中に入るとすぐ、小さなカウンターとトイレがあります。本当に小さな建物なのですが、当時はここで女性と会話をして、奥の階段から2階へ上がる、というシステムだったようです。

R1135222のコピー

2階へ上がります。部屋は2畳ほどの大きさしかありません。3階も同様です。各階に窓が一つずつ、収納など必要最低限のものだけしかありませんでした。

R1135224のコピー

この建物は床面積の半分を階段が占めています。上下階の移動のわりに使える床が極端に少ないというのが最初の印象で、ここをアーティストの為のアトリエにすることを考えると、とても十分な大きさの床があるとはいえませんでした。そこで、床面積の代わりに高さをもっと生かして、他のどこでも作れないような高い作品の作れるアトリエにするという方針を立てることにしました。

具体的には、2、3階の床を抜いて、巨大な吹き抜けを作り、制作風景と展示作品が窓から覗くような形で見えるようにしました。そうすることで、他のアトリエでは制作できないような規模の作品を街の中で作ることが可能になり、この裏通りにも人の気配と作品の存在感が滲みだすような環境が作れると考えました。

KGN150910

現場着工へ

まずは解体工事から。1階は狭いながらも極力広く使えるように、いらないカウンターなどを撤去しました。またトイレや階段などは手を加えず、昔のままの部分を残すことで新しく作られる制作空間を際立たせています。2、3階の床は、吹き抜けを作ることで手の届かない場所ができてしまうことを避けるため、部分的に床を残して足場として機能させることを狙いました。ギリギリまでどういう形で床に穴を開けるか悩み、最終的には台形型の平面の斜辺側の部分を残し、反対側の壁には大きな廻り縁をつけて、足場を掛けられるようにしました。

R1136483のコピー

改修工事では解体してみないとわからない部分が多く、特に今回は、建物としてもかなり特殊なものだったので、天井を剥がしてみたら床根太が想定していない方向に架かっていたり、隣家の配線などが天井裏から出てきたりと、思いもよらない出来事に多々遭遇しました。

解体工事が終わると、いよいよ現場で造作工事が入ります。まずは建物の既存の構造にも使われているツーバイ材を用いて2、3階の吹き抜けに手すりの格子を回しました。高さのある空間に、実際の高さ以上の奥行きをもたせるため、2階から3階、天井へと格子が連続して見えるように工夫しています。

R1136593のコピー

天井にはさらにステンレス鏡面も貼っているので、映り込みによって一層天井の高い空間があるかのような感覚をつくっています。

R1136651

今回の設計では建物が街からどう見えるかも大事なポイントでした。既存の建物の外装を塗り替えて、新しい顔を作るという考えもありましたが、建物外観よりも室内の制作現場と作品が際立ってほしかったので、ガラスをすりガラスから透明ガラスに変える、という最低限の操作にとどめ、中での制作活動が建物の顔になるようにしました。結果、外から見上げると天井の鏡面から中の様子が反転して映り込み、夜になると窓の中だけが街に浮かび上がってきます。

(2階の窓には室内の実像が、3階の窓には鏡面の天井が映し出す虚像が見える)

最後に床をエポキシ樹脂で仕上げます。
天井、床ともに光沢のある素材で仕上げることで街の様子を映り込ませています。

「まちと応答する長屋-reflecting room-」

まちを映し込み、まちに影響され、影響を与えていく様子に「reflect」という単語をあて、「reflecting room」という名前をつけました。文字通り、日々まちの様子を映し込みながら、ここでしかできない作品と、ここだから生まれる関係性を築いていける場所になってくれたらと思います。

黄金町バザールは10月1日〜11月3日まで。みなさま是非足をお運びください!

黄金町バザール
http://koganecho.net/koganecho-bazaar-2015/