1/20 踊る!旧劇場 vol.5 山北の間伐材を用いた木工ワークショップ

大工・設計事務所・ライター・写真家・音楽レーベル主宰・ラジオディレクターなど、異業種の個人・団体が空間を共にするシェアスタジオ「旧劇場」で、各々が企画をし通年で行うイベント「踊る!旧劇場」の5回目となります。

第一部は神奈川県足柄群山北町で取れた間伐材を用いた木工ワークショップです!
こちらは以前massmass関内フューチャーセンターで行われた大好評のワークショップで「次は参加したい!」「もう1回やってください」という声をたくさん頂いていたのがついに実現することとなりました!間伐材を用いてカッティングボードやプランターを作ります。ご興味ある方は是非ご参加ください!

第二部は旧劇場きってのコアなライブイベント”Untitled Room”を開催!今回のゲストは浜松を拠点に活動するサイケデリックバンド”qujaku”からHABUTOのソロパフォーマンス!
昼夜のイベントのギャップも旧劇場の醍醐味!!こちらも是非ご参加ください。定員10名!!

日時:2018年1月20日(土)
   【第一部】山北の間伐材を用いた木工ワークショップ
        「カッティングボード/プランター作り」
   11:00- OPEN
   11:30- START
   15:00 CLOSE
   【第二部】so i buried presents “Untitled Room”
   18:30- OPEN
   19:00- START ゲスト:HABUTO(quake)
   22:00 CLOSE

会場:旧劇場1F(横浜市中区末吉町3-49)
   地図はこちら→ https://goo.gl/maps/QrdRg
   京浜急行「黄金町駅」徒歩3分
   市営地下鉄「阪東橋駅」徒歩5分

参加費
第一部3,000円(材料費込)
第二部1,500円
どちらのイベントも予約制となっておりますので、ご希望の方は「参加」表明かメッセージにて御連絡ください。
お待ちしております!

→旧劇場について
旧劇場は、20~30代前半のクリエーターが運営する民間のシェアスタジオです。
2013年まで営業していたストリップ劇場「黄金劇場」を入居者自ら改装し、オフィスや工房として使用しています。現在は、建築家、大工、カメラマン、ラジオディレクター、音楽レーベル主宰者、ライターがシェアしています。

主催:旧劇場オープンスタジオ実行委員会
連絡先/問合せ先:info@qgekijo.net 050-5579-8964
横浜市地域文化サポート事業・ヨコハマアートサイト 2017 助成事業