3/17-18 クロージングイベント

2014年から建築家やアーティスト、大工、写真家、ライター、ラジオディレクター、音楽レーベル主宰者らのシェアスタジオとして機能した黄金町の旧劇場ですが、この3月をもって4年間の活動を終了することとなりました。

元ストリップ劇場を改装した2階建て+ロフトの空間では、それぞれの活動に加え、ライブやワークショップ、トークイベントを開催。入居者と地域の人や、モノづくり、情報発信に関心のある人をつなぐ場にもなりました。

この場所や我々の活動を応援して下さった方々には、心より感謝を申し上げます。
つきましては4年間の活動の締めとして、3月17,18日にクロージングのイベントを開催します。

これまでお世話になった方々をおもてなしする場とできればと思いますので、ぜひお誘い合わせの上ご参加ください。

2018年3月17日(土)〜3月18日(日)
3月17日(土) “旧劇場”Closing Party!
13:00~20:00
参加費:無料
3月18日(日)  “旧劇場”Last Live!
13:30~20:00
※こちらのイベントは定員がございます。
‹Part.1›
13:30~15:00
出演:環ROY
定員:40名
参加費:2000円
‹Part.2› so i buried presents Untitled Room vol. 20
17:30~20:00
出演:ZVIZMO (伊東篤宏 x テンテンコ)
Kohhei Matsuda (BO NINGEN)
定員:30名
参加費:2000円
●会場
旧劇場
横浜市中区末吉町3-49
※3/18のLiveイベントはPart1,Part2で別途申し込みが必要になります。
ご予約の方は 下記の情報を明記の上、メール送信願います。
問い合わせ先:info@qgekijo.net
件名: Part1,またはPart2予約(両方お申込みの方は「両方」と明記お願いします。)
本文: 名前、電話番号、予約希望人数
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
環ROY | Tamaki Roy
1981年宮城県生まれ。主にラップを用いた音楽作品の制作を行う。これまでに最新作『なぎ』を含む5枚のCDアルバムを発表し、国内外の様々な音楽祭へ出演する。近年は、パフォーマンス作品『ありか』愛知県芸術劇場(2016年)、インスタレーション作品『Types』寺田倉庫 T-Art Gallery(2015年)、映画『アズミ・ハルコは行方不明』劇伴音楽(2016年)、NHK教育『デザインあ』コーナー音楽(2016年)などの制作を行う。その他、鎮座DOPENESS/U-zhaan/YUKI/サカナクションなどとコラボレーションでの制作を行う。
ZVIZMO / ズビズモ
蛍光灯音具 OPTRON(オプトロン)プレイヤーの伊東 篤宏と、アンダーグラウンド⇔メジャーを縦横無尽に行き来する テンテンコ によるデュオユニット。
テンテンコの聴き易いが意外に重たいエレクトロビートと伊東のフリーキーだが意外とキャッチーなOPTRONが作り出す アヴァン・エレポップ且つストレンジ・テクノイズな演奏は、「奇天烈だが何故かフレンドリー」な響きに満ちている。
Kohhei Matsuda (BO NINGEN)
英国ロンドンを拠点に活動するロックバンド、BO NINGENのギター。
元YUCKのフロントマン、ダニエル・ブランバーグの新プロジェクトHebronixのシンセサイザー奏者。
他に、気鋭の映像作家、石田悠介による短編 Holy Disasterの劇伴や、ロンドン即興シーンの総本山Cafe Otoでの活動、電子音楽の新たな才能 Albino Soundやアヴァンギャルド電子パンク group Aとのコラボレーションなど。